スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第5回 地下鉄東西線荒井駅

放送日 2015.10.30

中荒井町内会
会長 庄司正信様





《要約》
 2015年12月6日に荒井から八木山間を仙台地下鉄東西線の開業が予定されています。東に位置する荒井駅周辺の人々の変化や地域がどのように様変わりをしてきたかを、ここで生まれ育った中荒井町内会の庄子正信会長にお話を聞きました。
 
 仙台の米どころの田圃に、いくつかの集落があった程度の6丁の目に、産業道路と仙台バイパスが今から50年前できました。
さらに40年前から荒井の区画整理が始まり、今の荒井地区発展、変化のキッカケになったようです。
20年前には仙台東部道路ができ、この頃から地下鉄東西線の話が出はじめ、15年前に荒井東の駅前区画整理がスタートしました。
東日本大震災後に集団移転地とし住宅供給を目的とした土地区画整理が荒井の南方面と西方面に新たに追加されました。

 開発が進むにつれて人の流れは田圃時代の200世帯から1500世帯に増えてきました。顔の見えるお隣同志を目標に、新しい町づくりを日々頑張っておられる庄子さんでした。


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








スポンサーサイト

第4回 東北大学総長

放送日  2015.10.23

東北大学
総長 里見進先生








《要約》
里見先生は鹿児島で生まれ、小学校五年生のとき親の実家沖縄へ両親共々移住し、高校までここで過ごしました。
当時の沖縄県はまだ日本本土に復帰しておらず、大学受験は本土留学制度選抜試験の成績で、日本国に指定された大学を受験しなければならなかったそうです。
東北大学医学部に入学して最初の下宿先は長町駅近くで1年暮らし、卒業後3年ほど仙台を離れましたが、再び長町門前町から大学医局に通いました。
長町には何か縁があるとお感じになっています。

東北大学病院 院長時代に東日本大震災に遭われましたが、日ごろ厳しい災害を想定し訓練をしていたので幸いにも患者さん、職員数人の怪我で済みました。
震災1年後、総長になり目標をお立てになりました。
東北の復興と日本全体の新生の先導役として、もう一つは世界と競争し協力できるグローバルな大学に飛躍しようと、東北大学災害復興新生研究機構を立上げ、その諸活動を通じて災害科学国際研究所の創成をしました。

仙台は大都会ではないが、情報もしっかりと入ってくるし、その割りに情報過多にはならない。
ものを考える意味ではとてもよい町と・・・・


続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

第3回 藤崎デパート

放送日 2015.10.16

藤崎デパート
営業本部部長 千葉拓様








《要約》 
 仙台老舗デパート「藤崎」の創業は文政2年(1819年)、木綿を主力にお客様の欲しい物を探し、お客様のために行商をしていた滋賀近江商人が仙台に腰を据えて、得可主屋(ヱビスヤ)の屋号で大町に開業しました。

明治に入り全国に鉄道敷設が検討される中で、宮城野の榴ヶ岡に仙台駅を建設することが計画されていましたが、仙台城下町の衰退を恐れた地元商人が、藤崎家を中心に結集し反対運動を起こして、1887年、現在の場所に仙台駅が開設されました。

その後、仙台駅により近い東一番町の現在地に、藤崎呉服店と名を改めて、お店が移転(1912年)します。
移転後しばらくして、それまでの座売り店舗から最新式の回遊式洋風店舗に衣替えして、新たな小売店方式『デパート』への挑戦が始まりました。

先の大戦では、空襲でお店は全焼、さらには、この度の東日本大震災でも大きな被害を受けましたが、その都度、市民と一緒に復旧復興に歩んできました。

間近に迫った2015年12月地下鉄東西線の開業により、藤崎デパートは地下鉄『青葉通一番丁駅』と地下で結ばれ、雨や雪の日でも、仙台きっての繁華街一番町に気楽に出かけて買い物をしたい、という市民の願いが実現します。

仙台に定着した近江商人の心意気は今なお「藤崎」に残っています。
お客様が望んでいる物を、お客様のために、そして、地域の発展と社会貢献をモットーに藤崎の挑戦が続いています。



閉じる

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。








第2回 少林山 保春院

放送日 2015.10.09

臨済宗妙心寺派
少林山保春院  住職 三浦正悟様

IMG_1823.jpg


蓮の咲く庭からの保春院  IMG_1774.jpg
           









《要約》
仙台市営地下鉄東西線の薬師堂駅付近に,伊達政宗公の母君と父君のお位牌がお祀りされている少林山保春院があります。
76才でお亡くなりになった伊達家藩祖政宗公のご母堂様の法名を「保春院殿花窓久栄尼大姉」といいます。

山形最上家から米沢藩伊達家頭領輝宗公に嫁がれ、義姫さま、お東様、38才の若さでご夫君を亡くし法名で保春院様と呼び名が変わる数奇な生涯を送られました。

母親と息子政宗公との不仲説が映画、ドラマで映像化されていますが、度々の火災、類焼で焼失した少林山保春院にはそれを反証する資料がなく、かろうじて火災を逃れ当寺に現存するのは、ご本尊観世音菩薩像、保春院様、輝宗様のお位牌です。

若林区の若林という名前の由来とお寺の山号少林山との関係を保春院ご住職に取材しました。l




閉じる

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。







第1回 伊達メガネx転勤族

放送日 2015.10.02

地下鉄東西線市民応援部
伊達メガネ【ミナミ カナコさん】x 転勤族【田代智志さん、大山宗之さん】 



転勤族


FMたいはくスタジオにて
IMG_1702.jpg










テスト




《要約≫
2015年12月6日に,仙台市営地下鉄東西線の開通が予定されています。これに伴い地下鉄東西線市民応援部が立ち上げられました。

その中で、伊達なメガネをとおして仙台の街を観てみようという『伊達メガネチーム』や,仙台に転勤してきた人々が集まった『転勤族チーム』がどんどん活動をはじめています。 
彼らがいろいろな角度から,仙台の街や住んでいる人々との交流で見聞きし、感じ取ったこと、彼らもいつの間にか街に溶け込んでいった様子、さらには、今後の抱負などを大いに語ってもらいました。 .......


閉じる

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


09 | 2015/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。